サプリメントによる効果

世の中にはサプリメントを服用して、ダイエット、病気の予防、冷え性の改善等をしようと思われる方が多いと存じますが、それらをするにあたって、原理と言うものを分かっていない限り、いつまでもサプリメントに頼ってしまう傾向に陥ります。病気がなぜ発生し、何故サプリメントによって治るのかが分かると、サプリメントに頼る事なく、健康を維持することができるようになります。では実際にどのようにして病気が発生し、サプリメントによって病気が改善されていくのでしょうか。人間には、恒常性維持機能という脳機能があります。

人は暑いところに行くと、汗をかきます。なぜ汗をかくのかというと、身体を冷やすためです。暑いままに放っておくと、身体に異常が発生するため、水分を表面に出して体温を下げているのです。これが恒常性維持機能というものです。

この機能は、生まれたときから本能レベルで人間に備わっています。つまり、いかなる病気にかかっても、この機能が上手く働いている限り、病気になりえないのです。では何故、病気になりやすい人となりにくい人がいるのか。それは、この恒常性維持機能が上手く働いていないからです。

サプリにはこの機能の働きを促す作用があります。サプリを飲んで健康的になれる人はサプリの効果により、恒常性維持機能が促進されたからでしょう。ですが、いつまでも薬に頼ってばかりではいられません。サプリに頼らずに、恒常性維持機能を高める意識を持つことが、健康への近道です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*