サプリメントでコラーゲンを摂取

コラーゲンはタンパク質の一種であり、ハリや弾力のある肌、艶やかな髪、丈夫な爪などをつくる為の大切な役割があります。しかし、20~25歳をピークに体内のコラーゲンは減っていき、40歳では20歳のおよそ半分にまで減少してしまいます。コラーゲンが減る原因のほとんどは加齢によるものですが、紫外線のUVA波もコラーゲンを破壊させるひとつの原因とされ、長時間紫外線に当たることでコラーゲンを減少させてしまいます。コラーゲンを多く含む食べ物には牛すじや鶏皮、フカヒレなどが挙げられますが、食材のカロリーや値段を考えると毎日食べ続けることは難しいものです。

コラーゲンを手軽かつ効率的に補うには、サプリメントで摂取することをおすすめします。サプリメントであれば毎日必要な量を摂り続けることも可能な上、カロリーを気にする必要もありません。錠剤やパウダータイプ、ドリンクタイプなど様々な種類がありますがコラーゲンは吸収率の高い低分子化されたものを選びようにしましょう。また、ビタミンCにはコラーゲンの生成をサポートする働きがあり、体内でコラーゲンが安定して維持する為に欠かせない成分なのでコラーゲンを摂る時はビタミンCを一緒に摂取するのがおすすめです。

コラーゲンは肌や髪、爪などを丈夫にするというイメージが強いかもしれませんが、血管や関節、骨の健康にも深く関わっており、美容だけでなく健康維持の為にも欠かせない成分です。サプリメントで補い、若々しく丈夫な身体づくりをしていきましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*