モービルマッピングで三次元データを提供
2019年10月21日

ドクターヘリの概要と普及

映画「コードブルー」でもおなじみのドクターヘリは、最近は多くの人に認知されるようになってきました。

救急車と同様に、ヘリコプターの中に様々な救急医療用の医療機器を装備しており、医師と看護師が同乗して救急現場等に向かって患者さんを乗せたあと、現場から医療機関に搬送する間に、その患者さんに救命医療を施すことができます。救急車の場合は医師が看護師ではなく救急隊員が同乗するわけですが、ドクターヘリの場合はその名の通り、まさに専門の医師や看護師が同乗するのが大きな特徴です。

映画の影響もあってか、ドクターヘリに乗り込む医師や看護師になることを夢見る若者も少なくないようです。従来の医療とは異なり、遣り甲斐を感じたり、かっこいいと感じているようです。このドクターヘリの活躍によって、本来であれば失われていたかもしればいたくさんの人命が救助されてきました。

それゆえ、その重要性は誰もが認めるところなのです。ただ、必要性は認めても、必ずしも全国の自治体で普及が進んでいるわけではないようです。大きな足かせとなっているのが、年間約2億1千万円かかる維持費です。この問題を解決し、さらに普及させるために、国は最大9割まで負担することになりました。その結果、自治体の負担は約2000万円で収まるようになり、徐々に普及が進むようになってきています。ヘリポート不足や十分な数の医師の確保するのが難しいなどの問題もありますが、

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *