モービルマッピングで三次元データを提供
2019年10月18日

ドクターヘリが活躍するシチュエーション

突然体調不良になったり、怪我や事故で動けなくなってしまうということは誰にでも起こりうることです。

周りに人がいる状況であれば救急車を呼んだり、何人かで持ち上げて動かすことが出来ますが、誰もいない場所であったり、救急車が行けないところの場合はドクターヘリが出動します。ドクターヘリが活躍するシチュエーションで多いのは山奥などの近くに病院がない環境です。救急車が到着するまでに30分以上かかるようなところだとドクターヘリのほうが救出できる確率が上がります。

ゴルフ場で突然倒れてしまったり、登山中に滑落した時にはドクターヘリの出番になります。ヘリであれば道路がふさがっていても目的地までいけますし、最短距離で向かうことが出来るので時間短縮になります。病気や怪我の場合は一刻を争うシチュエーションなことが多いです。1分、1秒でも早く現場に駆けつけることで生存率を上げることができます。ドクターヘリの中には救急救命士や医者が乗っていて、現場ですぐに治療をすることが可能です。

最低限の設備は揃っていますし、病院に向かうまでの時間も治療を続けることが出来ます。一刻を争う現場での仕事は大変なことが多く、判断力も必要になるので熟練された経験豊富な医者が担当することが多いです。ヘリが病院に戻ると緊急手術などが行われて、患者はそのまま入院することになります。ヘリが要請されるのは緊急時のみなので、重篤な症状ではない場合は他の移動手段を考えることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *