モービルマッピングで三次元データを提供
2019年10月12日

ドクターヘリは大切な医療機関

ドクターヘリ、近年ドラマや映画などでもよく見かけるようになり、世間的な認知度も高まっているようです。

ドクターヘリとは、その名の通り医師と看護師を乗せたヘリコプターのことで、僻地にいて大きな病院へと転院させなければならない重篤な患者さんや、災害時の患者さんの緊急移送などにも貢献しています。ドクターヘリの中には、適切な医療行為ができるように整えられているため、緊急事態でも迅速に対応できることが特徴です。日本に導入されて以降、着実にその数を増やしており、地域医療を支える手段としての期待が多く寄せられています。

ドクターヘリに医師が同乗しているため、医師にしか出来ない高度な治療が行えます。このことにより、急を要する患者さんであっても救える命が増えています。町高齢化社会を迎えた日本で、一人では病院に行くことができないお年寄りの方は大勢います。また、近くに高度な医療行為を行える病院がなかったり、あったとしても車で一時間以上かかるというような僻地は多く存在しています。

ドクターヘリはそういった医療格差を減らすことにも貢献しています。救急車よりも早く到着でき、さらにその場で適切な治療が行えるということは、とても重要で大切なことです。初期対応がその後の生存率に大きく関わる救急医療の現場において、医師が直接現場に向かえることは非常に大きな意味を持ちます。ただのヘリコプターではなく、一種の医療機関として捉えることもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *