モービルマッピングで三次元データを提供
2019年10月6日

ドクターヘリとは何か

特殊救急疾患によって命の危険にある急患を搬送する場合、救急医療の機器などを装備したドクターヘリなどを使います。

このヘリに専門師や看護師が同乗していて、搬送する病院に着くまでの間に必要な処置をします。なお特殊救急疾患とは多発外傷や重症熱傷、四肢切断などです。ドクターヘリは国内に2005年時点で45機配備されています。年間の管理費は2億1千万円ほどと非常に高額ですが、それでも徐々に普及しています。

その出動は通報を受けた救急隊員の判断になり、一般の人が呼ぶことはできません。また悪天候時や夜間の運行はありません。ただし、災害時などは例外もあります。ヘリ内で医師や看護師の処置が施された場合は料金が発生しますが、保険が適応されます。このドクターヘリのパイロットは資格を持っています。学校などに通って資格を得ればどこかに就職できるでしょう。就職率80%と言われています。

日本国内だけで資格を所得することも可能ですが、それなりに時間がかかります。中には海外に渡って短期集中で得る人もいます。日本もドクターヘリ導入によって救急現場に専門医や看護師を投入して、迅速に治療を開めることができるようになりました。それは救命率の向上また後遺症の軽減に繋がります。ヘリ内には人工呼吸器や輸液ポンプ、患者監視モニター、そして除細動器や薬品各種が装備されています。他にもまだシリンジポンプや超音波診断装置なども搭載されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *