モービルマッピングで三次元データを提供
2019年9月3日

モービルマッピングのデータ取得方法のポイント

モービルマッピングは様々な情報を短時間で確実に取得することができる方法として非常にその需要が高まっています、そのポイントは走行する自動車からカメラやGPS、およびレーザー計測の技術を用いて周辺の状況を立体的に測定することができる点にあります。

従来の地形の測定方法では写真などの2次元の情報を利用して測定を行うことが多かったため、様々な角度から情報を取得しなければならず、さらにこれらの情報を人間の手で確認しながら加工するという手間があるためさらにこれらの情報を人間の手で確認しながら加工すると言う手間があるため、非常に難しいものとなっていました。

モービルマッピングではこのような立体的な情報をリアルタイムで測定することができ、さらに通信回線を利用してそのデータをセンターに送信することで瞬時に様々な利用をすることができるため、非常に効果的な情報として利用されています。最近ではカーナビの情報も非常に立体的となり、しかも道路の状況が変更されるたびにネットワークで変更する仕組みのものも出始めていることから、非常に精度の高いナビゲーションをすることができるようになりました。

これもモービルマッピングの高い技術が実現している非常に具体的な例となっています。さらにモービルマッピングのデータは様々な方面に利用されており、単なる道路情報の利用だけでなく、渋滞情報や地形図の作成にも非常に重要な役割を果たしているのです。そのため、近年では測量の重要な記述として位置づけられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *