モービルマッピングで三次元データを提供
2019年8月24日

空撮を気軽に楽しむ方法

空撮とは文字通り、空中から撮影を行うことです。

近年はドローンという無人航空機が発売され、気軽に楽しめる趣味として多くの人の間に浸透しています。ドローンでの空撮のメリットは、それまでの映像よりもはるかに自由に撮影が出来るという点です。小回りが利き、被写体により近づくことが出来るドローンはそれまで撮影が難しい部分やポイントを撮影することに成功しました。加えて、操作が簡単で安心して飛行をさせられるというところも良いところです。

従来のカメラ機器よりも圧倒的に小型なドローンは、組み立ても簡単で持ち運びも楽というところが喜ばれています。バッテリーの予備を用意する必要があったり、強風のときや悪天候の際には空撮をあきらめなければならないというデメリットもありますが、遠隔操作が可能で高性能なカメラを搭載できるドローンは、現在も需要が高い製品です。ドローン操作する場合には資格が必要なのではないかと思っている人は多いのですが、実際は資格は特に必要ありません。

ただし、航空法によって定められた規則を守り国土交通省から許可を得る必要があります。基本的に重量が200グラム以上のドローンであれば、飛行を行うときには許可が必要となります。200グラム以下のものは「トイドローン」と言われているもので、特に許可を申請する必要はありません。国土交通省には「無人航空機ヘルプデスク」の電話番号が記載されており、許可申請に必要な手続きなどを詳しく教えてくれます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *