モービルマッピングで三次元データを提供
2019年8月21日

空撮は空から撮影することですが

空から撮影をする空撮は今ではいろんな目的で使用されています。

空から撮影をする空撮では、昔はヘリコプターやセスナ機を利用して人間が撮影をしていました。そして今もそれで撮影が行われています。しかしこれは莫大なお金がかかるうえに、飛行中の莫大な騒音、さらに万が一墜落するかもしれない危険も伴う恐れがあります。これらで空撮される目的の一例は航空写真です。航空写真などは今ではグーグルなど検索サイトでの地図利用のために使用されています。さらに行政関係では毎年あるいは3年おきに1回程度撮影をすることで、固定資産税調査のために利用されています。

定期的に繰り返して町中の同じ場所を撮影することで、町のどこかの建物や土地に変化がないかを比較可能です。もし町のどこかに変化があり、該当する場所の所有者が申告などを怠っていたとすれば、そこを問いただすことができるからです。しかし今の空撮では無人小型のドローンが注目を浴びるようになりました。というのはドローン自体が小型軽量安価で1万円程度で入手可能だからです。

実際にそれらは何度も通販サイトやラジオ通販などで販売されています。ドローンを利用した空撮の一例は旅番組などで山へ登ったりした際の山頂の様子、利用者がほとんどいない秘境駅周辺の地域の様子などがテレビ番組で放映されています。ただドローンを利用する場合は、素人でも簡単に免許なく扱えますが、それは機体重量が200キロ以下の場合だけです。さらに空ならどこでもというわけではなく、夜間は禁止だし、住宅街や商業地域など建物の上空、大勢の人の上空や人に接近しすぎないようにするなどいくらかの条件をクリアしないとならず、違反すれば処罰されてしまいます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *