モービルマッピングで三次元データを提供
2019年8月12日

MMSはインフラ整備に大いに役立つ

現代社会で日常的に使われているインフラは、ライフラインと呼ばれる水やガスや電気、道路やトンネルなどの交通に関わるもの、光回線などの通信インフラといったものが存在します。

いずれのインフラも老朽化する事で故障したり、突然使えなくなったり、事故に繋がったりする恐れがありますので、定期的に点検をして、老朽化した箇所や故障した箇所を修復していく必要があります。インフラの現在の状況を把握する方法は色々とありますが、点検する箇所が広い場合には現場での確認作業では不十分であり、効率が悪く、時間がかかってしまう事がありますので、効率的に現場の計測を実施したいのであれば、MMSを活用するのが良いでしょう。

MMSは、GPSや三次元レーザースキャナーなどを駆使して三次元データを取得したり、高解像度で広い範囲の写真を短時間で撮影出来るデジタルカメラが必要になってきたりします。MMSを導入した車を走行させる事で、広いエリアの写真データや三次元データを取得する事が可能であり、インフラ整備計画を立てるのを短時間で行えるようになるでしょう。

MMSの性能はメーカーによって異なっていますが、高性能な機器を車に搭載してデータ収集を行うという方法は基本的に同じです。インフラ整備計画を短期間で立てる事が出来るようになれば、新しいインフラを従来よりも早い期間に開通させる事が出来るようになり、経年劣化による施設の崩壊や故障などを未然に防ぐ事が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *