モービルマッピングで三次元データを提供
2019年7月24日

モービルマッピングで効率的なデータ収集

ある地点に置ける情報には、位置や対象物の有無、形状、色や配置などさまざまな種類があります。

その場においてカメラで撮影し、測量を行い、地図にマークすることで地道に収集することでさまざまな場面で利用できる貴重なデータとして蓄積することができます。このような情報収集を人によって行なっていては、活用までに時間がかかって有効に利用することができません。そのような問題を解決することができるのがモービルマッピングです。

車載されている装置によって瞬時に情報を取得できるため、走行するだけで効率よく運用することが可能です。モービルマッピングはGPS受信によって得られた位置データに映像や数値を記録することで、活用できる情報にすることができるシステムです。高精度なカメラによって撮影された全方位の映像は、そこに何があってどんな形状をしているのか、色や配置の状況を目視できるデータとして利用可能です。レーザーによる測量は、映像ではわからない大きさや位置の詳細な数値データを得ることができます。

それらを後処理の工程で意味のある情報に加工することで、ナビゲーションの三次元地図の作製や保守計画の策定、排水管などの既設状況を確認することが可能になります。モービルマッピングを使うことで、通過するだけの時間で全ての情報を取得できます。日々変化する状況を簡単に得ることができるので、常に最新の情報を利用することが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *