モービルマッピングで三次元データを提供
2019年7月18日

安全のためのモービルマッピング

モービルマッピングを使うことでその場にある状況を簡単に知ることが可能です。

得られた情報を画像解析することでさらに詳細なデータとして利用可能になります。そのデータは、安全な社会を維持するために大変重要な役割を担っています。例えばトンネルの補修計画です。モービルマッピングによってトンネル内を走行するだけで。壁面の状況を目視できます。その結果として、水漏れを確認したり、明らかに破損が見られるようなところを発見したりすることが可能です。また、レーザによる測量によって、時系列の変化を比較できるため、外壁の膨らみも確認することができます。

道路脇の法面の状況確認も効率良く行うことが可能です。斜面の崩壊がないか、位置情報を前回と比較すると数値として確認できます。地滑りなどが起きていないか、落下しそうな石などがないかを目視によって確認することも重要です。モービルマッピングを使えば、災害時のシミュレーションを行うことも便利です。

測量による詳細な位置データは、実際の影響を計算するためには欠かせません。地図上ではわからない物の配置も映像で確認することが可能です。また、道路に書かれている情報や標識の内容も現地で確認する必要がありません。全方位のカメラ映像があれば、知りたいことをいつでもその場にいるように見ることができます。データとして共有することで、複数の人が同じ情報を一緒に確認することが可能なため、計画を立案する時に便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *