モービルマッピングで三次元データを提供
2019年7月3日

救急医療活動に欠かせないドクターヘリとは

救急医療活動を首尾よく行うために世界中でよく用いられているのはヘリコプターであり、一般にはヘリコプター救急と呼ばれています。

ここ日本においてはドクターヘリという名称が用いられており、この名称により、医師が専用のヘリコプターに乗って救急現場へ駆けつけるという点がよく強調されていると言えるでしょう。もちろん救急医療に使用されるヘリコプターには、救急医療を行うのに必要な医療機器が装備され、医薬品が搭載されています。通常は医療機関の敷地内に待機しており、出勤の要請が出されるとわずか数分で離陸し救急現場へ向かって飛んで行けるようになっているのです。

ドクターヘリには、医師と看護師が搭乗し、その場でも救急現場で病人や怪我人の治療に当たれるようになっています。ドクターヘリの重要な任務は、単に患者を医療機関へ搬送することだけにあるのではありません。むしろ、医師や看護師といった医療スタッフを、いち早く救急現場に送り込むことにあると言えるでしょう。それによって、治療開始を早めることができ、結果として重体の患者の命を取りとめたり、治癒までに要する期間を短くすることが可能になるのです。

ある調査によれば、従来の救急車などを用いた地上救急と比べて、ドクターヘリによる航空救急においては、救命率が何と3割以上向上したとされています。このように日本の救急医療活動においても、ドクターヘリは非常に大きな役割を果たしていると言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *