モービルマッピングで三次元データを提供
2019年6月12日

航空レーザー計測が効率的な理由

航空レーザー計測は非常に効率的な測量技術として近年広く利用されています。

従来の方法に比べて短時間で正確な測量を行うことができるほか、従来では正確な状態を確認することができなかった森林地帯や人が立ち入ることができない場所などを簡単に地形を確認することができるため、正確な情報を得るための重要な技術として注目されているのです。航空レーザー計測の手法が発展したことにより、正確な地形図を短時間で作成することが出来るようになっています。

航空レーザー計測が効率的な測定を行うことができる理由には、レーザー測定技術と通信技術の両方が格段に進化したことが挙げられます。レーザー測定技術は飛行中の飛行機からでも地形の状態を確実に測定することができる高い精度を実現しており、高速で移動する飛行機からでも正確な測定を行うことができるほど進化しています。また測定データを送信するための通信技術も安定性や法則性が格段に進歩しており、この2つの技術から航空レーザー計測の高い制度が生まれているのです。

従来は地形図を作成する際には航空写真と人手による測量が不可欠でした。そのために多くの時間を費やすそのために多くの時間を費やすこととなり、現在の状態を示す地形図を作成する事は時間的な制約から非常に難しいものとなっていましたが、航空レーザー計測の精度が高まったことにより、迅速に現在の状態を示すことができるものを作成することができるようになったのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *