モービルマッピングで三次元データを提供
2019年5月21日

不動産物件や土地の調査に活躍するドローン空撮

ドローンを使った空撮は不動産業界で重宝されています。

今までは目視だけでしか確認できなかった物件の様子も、ドローン空撮を使えば非常に近い距離で確認できます。肉眼では発見が難しかった微細な傷や老朽化の影響なども、ドローン空撮なら手に取るように分かり、不動産のメンテナンスやコンディションを調査する際に大変役立っているのです。建物の屋根やその裏側など、物理的に人がチェックし難い部分もドローンであれば問題なく入り込む事が出来ます。

低空でホバリングする事が容易であり、じっくりと問題がある部分を接写したり、老朽化を示すサインがないか、天災によって傷ついた部分がないか等、丁寧な調査が低価格で進められるのです。ドローン自体の価格がこの頃下がって来た事もあり、ドローン空撮サービスの料金も年々お得になって来ています。既存の調査方法に比べて時間とコストが大幅に節約出来るのがメリットです。建物の様子だけではなく、広大な土地もドローンを使えば一度に調査が進められます。

湿地帯や崖、草木が生い茂る山林など、人の足ではなかなか詳しい調査が出来ない場所でも、ドローン空撮であれば、空の上から安全な形で確かな調査が行えるのです。人が湿地帯や山林に足を踏み入れても、現場を俯瞰する事は出来ず、細かい土地の様子は分かっても全体像を把握する事は困難です。事故のリスクもありますので、安全なドローン調査を選んだ方が、リスクマネジメントの観点からも正解でしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *