モービルマッピングで三次元データを提供
2019年5月18日

空撮にはドローンが便利

近年ドローンを使った空撮が利用されていて、いろいろなメリットがあります。

例えばコストを安く抑えることができ、従来空からの動画を撮影するためヘリコプターや飛行機などからカメラで撮影することが一般的でした。燃料代や操縦士などの人件費を加算すると、料金は10万円~20万円以上かかるケースもあります。ドローンを利用すると5万~10万円ほどで撮影することができ、異なる視点からも楽しむことが可能です。人間の目線は地面から離れることはなく、従来のようなクレーンカメラといった大掛かりなマシンを利用しても目線には限界があるものです。

ドローンを利用することによって10メートル以上や100メートル以上からの撮影も行うことができるので、今まで見たことがないシーンを撮影することができます。視点が違うだけでかなり見え方が変わり、いつもと違う視点から映像が楽しめるので広告や映画などいろいろな分野において利用されています。

位置関係が分かりやすいというメリットがあり、平面的な映像では対象物同士の関係を伝える際に難しいものがありますが、空から撮影することによって建物で視界が遮られることなく、対象物の位置関係などが分かりやすくなり正確に伝えることが可能です。例えばゴルフコースや公園などの敷地も、空からだと位置が分かりやすくなるでしょう。空撮映像を利用してインターネットの公式サイトにアップしている会社も多く、今後ますますドローンを使った空撮映像を活用するシーンが増えていくでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *