モービルマッピングで三次元データを提供
2019年4月30日

空撮ができるようになるには

自主映画制作をしている人などにとって特に大変なのは空撮です。

これはなかなか素人では機材が揃わないこともあり、うまくいきません。しかし、今の時代ならCGなどを駆使して、後で編集することもできます。実際に空からカメラで撮影をすることができないのなら、このような方法しかありません。他にはドローンを使って撮影をするという方法があります。ドローンの使用方法をマスターしましょう。最初は上手に飛ばすことはできません。それにきちんと許可を取ってから使用することがポイントです。

特に人が多いところでドローンを飛ばすとなると、失敗した場合、周りに迷惑をかけてしまうことがあります。けが人を出してしまうこともあるかもしれません。まずはドローンを飛ばす練習をしましょう。それから、空撮が得意な業者に依頼するという方法もあります。映画制作や動画制作を専門的に行っている会社なら、空撮も簡単に行うことができるはずです。専門の会社なら使用する機材も揃っています。

しかも、短時間でスムーズに取り終えることができるため効率的です。ただし、いろいろな業者があるのでよく比較して選びましょう。これまでの実績を確認してみるのもおすすめです。実際に撮影した映像を見せてもらえばいいのです。アングルなどをチェックし、撮りたいイメージとピッタリ合っているようならその業者にお願いしてみましょう。もちろん費用はかかりますが、その代わり、とても満足のいくものが出来上がります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *